Read Article

中国人妻が日本で生活する料理は

中国から来た妻が日本で住むのに何料理を食すのか。 妻の知人は四川から来ていて、やっぱり四川料理じゃないとダメってことで毎日四川料理を作って食べているそうです。




私の妻と言えば、基本的に日本料理。私が月の半分以上料理を作るんですけど中華料理は作れませんから、和食です。しかも居酒屋で出てくるようなメニューの男の料理です(笑) でも、妻は口に合うと言って食べてくれます。優しい妻なだけかもしれませんが。




広告



出会ったころは、お互いに料理を作って食べさせていましたが、妻の中国料理は大変美味しく、得意のショウロンポウは絶品です。今でもたまに作ってくれるんですけど、あと餃子などは完全手作りです。




日本ですと、餃子を作る時は餃子の皮をスーパーで買いますが、妻の場合は餃子の皮から作ります。なかの具も私が知っている日本の餃子とは少し違って、肉系と野菜系に分けて作ってくれます。私の母もかなり気に入っています。




中国の女性が日本にお嫁さんで嫁いできてやっぱり困ることの一つに食事文化があると思います。




食事が合わないと正直、日本に長く居られませんから。気に言ってもらうか、慣れてもらうしかないですね。 中国人女性が日本に来て敬遠するよう理が生もの系です。 刺身とか、火を通さずに出てくるものは最初は心配そうに食べます。生卵もそうです。日本だったら生卵くらいご飯に掛けて誰だって食べたことはあると思いますが、中国ではそういう食べ方はしません。




私の妻はそういう点では日本の食文化が最初から好きだったらしく、食べ物がダメで困ったことはほとんどありません。ただ、日本にいると便秘になると言われました。なぜかは分かりませんが。


中国に帰ると便秘は速攻で治るそうです。 便秘は精神的な部分にも依存するところがありますから、料理だけの問題ではないかもしれませんけどね。




というわけで、中国人女性を嫁にもらうと家庭中華料理が出来る奥さんでしたら、好きなものを作って食べてもらうのがイチバン良いでしょうね。日本人側は、逆に中国の家庭料理に慣れることが必要です。中国の家庭料理は、日本のレストランで出てくるような油っこい料理ばかりじゃありませんから、アレを想像したら毎日は食べられませんが、ほとんどの場合大丈夫でしょう。 ただ辛いものは確かに多いですが・・・・。




広告

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top