Read Article

中国人の妻が日本の旅行会社に就職です

中国人で日本で生活している女性はたくさんいますが、結婚して永住権も手に入れて普通に生活したいと考えている中国人女性にとって自分に出来る仕事で何があるのか、ここで悩まれる方多いと思うんですよ。




私の妻もそうでしたから。  中華料理のお店で働こうかとか、外国人スタッフが多い配ぜんサービスのようなところで頑張ってみようかとか、いろいろですが、私の仕事の都合からひょんなことから、ある旅行会社の社長と話をしているときに、日本企業で中国進出を検討しているところはたくさんあって、


広告





中国へ視察に行ったり、、ビジネスマッチングや商業展示会などいろんな所へビジネスチャンスをうかがいに行きたいニーズにこたえられる旅行会社でありたいという話から、




私の妻が中国人ですが、中国企業と折衝や交渉する時の日本企業側の窓口は中国人であるほうが、いろんな意味で有利というか、少なくとも不利な状況のまま話が進むことは少ないのでは無いかという私の話に




非常に共感を持って頂き、急ではありますが、その旅行会社は社内に「中国室」とい特例部署を新設して私の妻がそこで働くことになったのです。




日本の中小企業も地元や国内のお客様だけでなく、これからは市場の大きい中国を目指すことに非常に興味をもっており、かといって、どうすればいいやら手だてがありません。




コンサルタント企業にお願いをするほどのしっかりとしたビジョンもまだ持てていない時、旅行会社自体が中国旅行のご提案をするだけでなく、企業の中国視察旅行とビジネスマッチングのお手伝いが出来れば、それこそが企業ニーズにこたえていくことだろうと。


私も非常に同感です。




というわけで、妻も乗り気ですが、




さて、どうなることやら・・・です(汗)


広告

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top