Read Article

中国の妻の実家へ3

中国の大連から高速バスに乗って、3時間半くらいで瀋陽につきました。中国の住宅は日本と違いほとんどがマンションのような建物です。平屋建てなどめったにありません。




妻の実家もそうでしたが、なんと8階建てマンションの5階です。しかーも! ・・・階段。 そうです、中国のマンションで高層階にもなぜかエレベーターがついていません。この辺は中国マンションは日本と住宅のルールとか違うんでしょうかね?


広告





早速中国の妻のお父さんと初対面です。「ni好」、「初次見面」(こんにちは、はじめまして)、飛行機の中で練習してきた中国語を話しました。他に、「ni真漂亮」も知っていましたが、もちろん言いませんよ(笑)




すると、2メートル近い身長のお義父さんが、なにやら早口で中国語を話していますが私にはさっぱり・・。すると妻が、「貴方はもう私の息子だから、ここは自分の家だと思ってゆっくりしなさい」と訳してくれました。




いやぁ外国に来たぁーと言う感じです。  ちなみに、中国は身長の高い方多いので、2メートル近い義父さんも近くで見ると迫力ありますけど、街に出るとジャイアント馬場がいっぱい歩いていると思えば、別に普通な感じ。例えが変ですいません(笑)オーサスガ中国は大陸だ!




中国のマンションの中は一応靴を脱いであがりますが、外から中へはフラットです。ですので、この辺から部屋の中みたいな・・・。ちなみに床は大理石でした。当然中国の家には畳とかありませんから、床に座る習慣はありません。椅子かソファーです。




駆けつけ一杯でまずはお酒を頂くことに・・・。でこれが、後にエライ目にあうことになるんですけど、続きは次回に・・・。


広告

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top