Read Article

中国から妻が日本に戻り・・・

中国へ長い期間(約5カ月ちかく)帰省していた妻ですが、ようやく日本の我が家に戻ってきました。 今回の中国への帰省期間は結婚してからの最長記録です。


さて、中国にマンションを購入して引越しも終え、私の部屋も中国に出来ました。今後は今までよりも私も妻も中国と日本の往復機会が増えそうです。


中国と日本の政治の問題も色々メディアで取りざたされていますが、中国の一般市民レベルでは全く報道されているような雰囲気は感じ取れません。日本のメディアもかなり大げさに取上げていると私は見ています。


広告



中国での反日デモや暴動が起こったとの報道を見るたびに、局部的な動きを映像で切りだして報道しているイメージ。


実際は中国に行くと、政治レベルと市民レベルでは雰囲気が異なり、社会生活を営む上でも日本人との関係構築に限らず、取引は取引。日常関係は日常関係。と言う具合にこれまでと変わらず中国の高度経済成長のなか毎日たくましく生活しています。


先日ある日本の会社と、日本の居酒屋で商談をしていたところ、相手の会社の方が日頃のメディアの報道を捉えて中国の市民に対するネガティブな感想や、日本に来ている中国人に対する批判に及ぶような話をしました。 私としては非常に気分が悪く、「私の妻は中国人ですが、彼女を通して実際に中国に行って一般市民と触れ合い会話もしますが、素晴らしいですよ」と答えると、




何と、反論して来られたので、もうお酒の席とはいえ、私は商談の内容を棒に振ると分かっていながら「メディアや人の意見などの情報だけを捉えて判断するのは経営判断に置き換えても危険なことではないか?実際に自分で確かめて判断することの方が重要だと私は考えている」と相手にまくしたててしまいました(笑)


私も自分で会社を運営していますから、そんな視野の狭い相手と組むのはこちらから願い下げだと瞬間判断して・・・・


と、まぁ政治を生活や仕事にからめると複雑化しますが、私も、もうすこし懐の深い人間にならんとイカンなぁ・・と少し反省。


国際結婚というのは毎日新しい発見があってワクワク、ドキドキが絶えないですよ。 全てをポジティブに考えて、毎日発生する問題についても「また新しいことが発見出来て良かった」と前向きに考えてこれからもガンガン走ろうかと思った次第。





中国語を勉強したいけど飽きっぽくて・・・。そんなあなたへおススメ↓

10日間中国語完全マスタープログラム


広告

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top